あなたの生活に密着した情報を提供するサイト

学校評価はどのように活かされているの?

学校評価はどのような影響を与えているのか

これまで、学校では自己評価のみが実施されていました。しかし、学校関係者評価や第三者評価の実施が導入されたことにより、児童や生徒を評価する側であった教員までが評価される対象へと変わりました。
さらに、学校は設定した目標や計画と、それを実行することで得られた成果を「自己評価」という形で公表していかなければなりません。
その結果、各教職員は今まで以上に自らの行動を見直し、具体的な教育目標を立てて実行していく事が必要になったと言えます。
また、保護者や地域住民からの評価を受けることで、学校と学校関係者とのコミュニケーションの場が増加していく事が予想されます。そのため、実際に学校に通う子供にとっては、より良い教育環境が整えられていく事が期待されます。

賛否両論?学校評価の印象

学校評価の導入については、様々な意見が存在しています。学校内部だけでなく、関係者や第三者からも評価を受けるのだから、教育環境の改善につながって良いことばかりではないのか?と思う方もいるでしょう。
しかし、学校教員の中には、これまで評価対象でなかった教員が対象となることで生じる抵抗感や、保護者が直接教育方針に口を挟んでくるかもしれないという警戒感を持つものも少なくないようです。
一方で、保護者側からは学校や教員の指導を見守ることができると、期待の声があがっています。

このように、学校評価においては賛否両論があるため、今後はどちらの意見も参考にしながら、納得し合える方法を探っていく事が大切になるでしょう。


この記事をシェアする