あなたの生活に密着した情報を提供するサイト

学校評価はどこで、誰の役に立つの?

入学前に学校を知りたい!学校評価の意義

子供を学校に入学させる前に、学校内部だけでなく他の保護者や第三者からの評価は参考にしたいものです。また、学校側も、様々な方面から評価を受けることで、教育方法を改善していくことができるでしょう。
そのために利用されているのが「学校評価」です。

学校評価とは、各学校が設定した教育目的の達成状況を把握するために行われるものです。その評価結果をもとに、学校の運営について改善を行っていき、より良い教育を行うことができる環境を整えていかなければなりません。
評価の種類は「自己評価」、「学校関係者評価」、「第三者評価」の3つに大きく分けられています。この3つの評価を参考にして、学校は教育を進めていく必要があります。

学校評価はどんなことに役立つの?

それでは、学校評価はどのように教育に役立っているのでしょうか。

まず、学校教育の質の向上が挙げられます。児童や保護者からのアンケート結果を参考にし、満足度が低い場合は教員への指導を行い、高い場合はさらに質を高めていくことで、より良い授業を作り上げていく事が可能になります。

2つ目に、学校の運営を改善することに役立ちます。PTAや外部からの評価に基づき、授業以外の地域貢献の場を設けることや、教員の外部研修の場を設けることで、より客観的な視野を持って学校の運営ができるようになるでしょう。

最後に、上記のような改善を進めていく過程で、学校運営の方針が学校外へと公表・認知され、地域の人々や保護者から信頼されることにつながります。


この記事をシェアする