不用品を処分してもらいたい

>

どこに連絡すれば良いのか考えよう

手数料を支払うシステム

いらなくなった家具や家電を行政に回収してもらう際は、手数料を支払わなければいけません。
手数料はどのような家具や家電を出すかによって変わります。
コンビニエンスストアで支払えるので、行政に連絡したら手数料を支払いに行ってください。
支払うとシールをもらえます。
そのシールは不用品に貼るので、絶対に失くさないでください。

不用品の見やすい位置に貼っておきましょう。
シールを貼ったら、あとは回収してくれる日に回収場所へ持って行くだけです。
手順が多いので、初めて行政に不用品の回収を依頼する人は戸惑ってしまうかもしれませんが、難しいことではありません。
ゆっくりと手順を進めば、問題なく不用品を引き取ってもらえるでしょう。

回収場所をチェックしよう

自分で不用品を、回収場所まで持っていかなければいけません。
どこに持って行けば良いのか、確認しておきましょう。
住んでいる場所によって、回収場所も変わります。
異なる地域の回収場所に不用品を持って行っても、回収してくれません。
その際は正しい場所に、運び直さなくてはいけません。
2度手間になりますし、回収する時間に間に合わなければ次の回収日まで待つことになります。

最初からきちんと、正しい回収場所に持って行ってください。
行政は、回収する日自体が少ないと言われています。
1か月で、2回ぐらいしかありません。
回収してもらいたい日があっても、こちらに都合を合わせてはくれないことを理解しましょう。
こちらが、行政の決めた回収日に合わせてください。


この記事をシェアする