教員も評価対象?学校評価を分かりやすく説明!

あなたの生活に密着した情報を提供するサイト

学校評価はどこで、誰の役に立つの?

学校評価って何?何のために評価するの?この時期になると、そろそろ自分の子供を通わせる学校を選び始めなければいけないと考え始める保護者の方も多いのではないでしょうか。そんな時に役立つ「学校評価」について、まずは目的から解説していきたいと思います。

詳しく解説!学校評価の目的とは?

子供を持つ親にとって、学校選びは大切な事です。どのような教育方針を掲げているのか、どのような教師が在籍しているのか、子供に良い学校生活を送らせることができるか。挙げればきりがない程、不安を抱えている方もいるかもしれません。
学校選びの基準となるものは、学内で開かれる説明会や学校のホームページ、他の保護者からの口コミ等が主となるのではないでしょうか。しかし、それだけでは決定的な決め手になる情報は少ない場合があります。学校に入学してから、事前に受けていた説明と自分が思っていた教育方針が異なっていたという例を耳にすることもあります。その結果、不登校児やモンスターペアレントといった問題も出てくるのではないでしょうか。
できれば、学校内部からの情報だけでなく、外部や第三者からの意見も参考にしてから、子供を通わせる学校を選択したいものです。

また、学校を選ぶ際だけでなく、入学してからも学校内部や保護者、外部からの評価は大事な情報源になります。それらの評価を学校が参考にすることで、現状の改善にも繋がるでしょう。その結果、最初の学校選びに失敗してしまったと感じている保護者の方々がいらっしゃるとしても、子供が学校に入学した後から良い方向へ変化していく場合もあるかもしれません。

このサイトでは、そのような場合に役に立つ「学校評価」の意義や目的について詳しく解説するとともに、評価方法や評価に伴う影響をまとめています。

どうやって評価しているの?

学校評価といっても、評価方法がよくわからない…という方でも心配ありません。誰の評価が使用されているのか、どのような方法が用いられているのかを、具体例を挙げながらまとめていきます。評価方法を理解し、学校選びや学校教育の改善について役立てていきましょう。

学校評価はどのように活かされているの?

学校評価といっても、ただ評価されるだけでは意味がありません。評価結果を基に、学校側が現状をしっかりと把握し、即座に改善していかなければ、保護者や児童の信頼を失いかねません。では、学校評価の結果は、教育を行っていく上でどのような部分に活かされているのでしょうか。