不用品を処分してもらいたい

回収してくれる日時を把握しよう

不用品を処分したいと思ったら、行政か業者に連絡します。
行政の場合は、手数料をコンビニエンスストアなどで支払ってください。
それから、手数料を支払ったという証拠のシールを、不用品に貼りましょう。
指定された日時に回収場所まで不用品を持って行くと、引き取ってくれます。
行政の場合は、自分の好きな時間を指定することができないので気をつけてください。
次の回収はいつなのか、きちんと調べてから連絡しましょう。

回収日がかなり先になると、困る人がいるでしょう。
今すぐに不用品を処分してもらいたいと考えている人は、不用品回収業者に依頼してください。
不用品業者は連絡すれば、すぐに来てくれるところが多いので急いでいる時でも助かります。
また、自宅までトラックで来てくれる面がメリットですね。
わざわざ回収場所まで持っていかなくても良いので、たくさんの不用品があって持って行くことができない人におすすめです。

費用は行政と業者で、それぞれ異なります。
行政は、大きな不用品でも1000円前後で回収してくれます。
同じ家具でも不用品回収業者は、5000円近い金額になることが多いです。
価格だけで考えると、行政の方が良いと思ってしまうかもしれませんね。
しかし不用品回収業者には、別のメリットが多く存在しています。
料金だけで判断するのは控えてください。
自分にとって都合の良い方を選択しましょう。
そのためには、行政と業者の特徴を詳しく知ることが大事です。